雨の日に

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

中学1年生の時に初めての彼氏ができました。
お互い違う部活をしていても帰る時間は同じで、
週に2、3回曜日を決めて一緒に下校していました。

付き合いたての彼と帰る約束をしていたある日、昼間は晴れていたのに帰る頃には雨が降っていました。
私が待ち合わせ場所の門のところで傘をさして待っていると、彼氏が雨に濡れながら走ってきて、私の傘に入りました。そのまま私が傘を持って、楽しく他愛もない会話をして帰っていると、彼氏の肩が雨に濡れていることに気づきました。
私が「ごめんね私傘さすの下手で、、、」と言いかけると、彼氏が傘をサッと奪い、2人が濡れないように傘をさしてくれました。
今でもたまに雨が降ると、彼が傘を奪って照れていたとこと、キュンとした私の気持ちや当時の私たちの初々しさを思い出してしまいます。

written by IRK

マンガ化進行中

エピソード投稿者

IRK

投稿エピ 1