秘密のアイコンタクト

コンテンツ名とURLをコピーする

私には中学2年生の時から付き合っている彼氏が居ます。
その彼氏との卒業式でのエピソードです。
私の学校では卒業式の答辞の中で、卒業生が合唱を行う場面があり、私はその合唱で指揮者を務めることになっていました。
同級生が答辞を読み終え、合唱が始まりました。
壇上から指揮を始めると、同級生で泣いている子や指揮をじっと見て歌ってくれている子が目に入りました。
その時、ふと彼氏の方に目を向けるとそこには練習の時に見せたことの無い、万遍の笑みで歌っている彼の姿がありました。
その笑顔はまるで、「今までありがとう。これからも宜しくね。」と言われているようでした。
指揮者からは皆の姿は見えても、皆からは私の姿しか見えないという状況で、優しい笑顔で指揮を見てくれているという事に同級生としても嬉しいし、2人で居る時とはまた違った2人だけの秘密のアイコンタクトのように感じました。
今までの同級生としての思い出、彼女としての思い出が一瞬のうちに脳内に流れ込む、涙が出そうになるほど幸せな瞬間でした。

written by ふわふわ

エピソード投稿者

ふわふわ

女性 投稿エピ 8

彼氏くんとのお話。 思い出の記録として掲載しています。