仁義なき恋愛バトル

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

高校時代に部活に入っていたのですが、そこに在籍していた一つ年上の先輩を好きになってしまいました。

その部活には私の友達も在籍していて、何となくですがその子も先輩を好きなことはわかっていました。
以前は「あの先輩かっこいいよね~」と言い合っていましたが、
だんだんお互いに本気になってくるとそういう事も言い合えなくなりました。

ある時、思い切って友達に真意を聞いてみたところ、やはり友達も先輩も好きという事を告白されました。
そしてその場でまさかのライバル宣言をされました。

漫画でもあるまいしライバル宣言されても…と思いましたが、
なぜかそれでお互いに火が付きその日から先輩の気をひこうと必死になりました。

友達は制服の胸元をいつもより開けてみたり、明らかにボディタッチが増えたりと積極的です。
私も積極的に話しかけたりしましたが、友達のアタックには負けます。

先輩はというと友達の方に段々と興味が出てきたようであからさまにデレデレしています。
そんな姿を見ていると急に熱が冷めてもういいや~という気になりました。
これ以上頑張って友達と険悪になるのも嫌だったので、それでお終いです。

結局友達も先輩が卒業すると疎遠になったらしく恋愛成就とはならなかったようです。
友達とはその後も普通に仲良くしていましたが、
その話を聞いたときは心の中でちょっぴりガッツポーズしちゃいました。

written by tama

マンガ化進行中

エピソード投稿者

tama

秘密 投稿エピ 1