地元テーマパークデート

    作者:こもとさち

    インスタグラム:@sachicomoto

    Twitter:@sachicomoto

デートスポットの定番、テーマパークに行った時の話です。

2人ともずっと地元暮らし。大きなテーマパークに近いエリアですが、
近すぎるからか逆にあまり行ったことはありませんでした。

私は特にキャラクターが嫌いとかではなかったのですが、
彼は混んでいる所が嫌いな性格なので、まったく行く気がないのだろなと勝手に思い込んでいました。

ある日私の会社の福利厚生の一環で、そのテーマパークのワンデーパスを2枚もらう事がありました。
たぶん彼は行かないだろうな・・・と思いつつ、
一応「一緒に行く?」と聞いてみたところ「うんいいよ」とまさかの快諾!

デートは土曜日、それなりに混んでいる園内に私は
「これはさっさと乗れそうなのだけ乗って帰る感じかな・・・」と早くも諦めムードでした。

しかし、園内に入った彼がいきなり「被るやつあるじゃん、耳?買おうよ」とまさかの提案!
普段のキャラからは考えられない言葉に驚きつつ、二人でキャラクターの耳のカチューシャを購入。

その後も彼は楽しそうにお揃いで名前入りのチャームを作ったり、
ご飯を食べたり、アトラクションの長い行列にも並んだり・・・

普段の面倒くさがりの彼からは考えられない楽しそうな姿に私も次第に楽しくなっていき、
閉園前の花火まで見て帰宅。

後から「なんであんなに色々張り切ってたの?」と聞いてみたら
「めったに来ないし、どうせなら楽しんで疲れた方がいいと思って。その方がお互い楽しめるでしょ。」と言ってくれました。

イベントに張り切るタイプではないと思っていた彼の意外な一面を見れて素敵な思い出になりました。