【サイト限定】小説家志望の彼に

    作者:鬼方美香

当時、大学一年のときに付き合っていた彼氏に、万年筆をプレゼントしました。

小説家を目指していて、普段はパソコンで書いていましたが、たまに手書きでも書くということで、文房具屋でかなり悩んで一万円の物をプレゼント。

夢を追っている彼氏を応援したい気持ちが強かったので、喜んでもらえたし良かったです。