何でここに来たかったのか

    作者:安住和音

    インスタグラム:@azumi_kazune420

    Twitter:@AzumiKazune420

マンガの元になったエピソード

私は以前、かなりマイペースな男性と付き合っていました。

職場で知り合った一回り年上の人で、仕事のできる所は尊敬していましたが、付き合ってみるとプライベートでは独特の感性を発揮し、困惑する事が多かったです。

デートでは、何でここに?と首をかしげる場所によく連れていかれましたが、一番分からなかったのは、静岡県伊豆市にある伊豆極楽苑と言う場所です。

一度、趣味のロードバイクでツーリングしていた時に通りかかって、行ってみたかったんだと
ニコニコしながら連れて来てくれましたが、入り口にいきなり大きな鬼のオブジェが堂々と鎮座していました。
施設内に入る前に辺りを見回すと、あちこちに地獄と言う不穏な文字が書いてありました。

確かに見かけたら気になるけれど、何故デートで選ぶのでしょう。

中は予想通り地獄のジオラマで、迫力のある閻魔大王や鬼に罰せられる罪人の様子が再現されていました。
私はただただ呆気にとられていましたが、彼は迫力があったね!と大満足の様子でした。